01:07:00
10

7/6第2回ゲーム「消えた少女の儚き夢」



今回は冒険者の店に、似つかわしくない執事が飛び込んできました。
なんでも、貴族の家の一人娘が行方不明で探して欲しいとのこと。
しかも報酬がびっくり1400ガメル!
間違いなく美味しいお仕事です。



屋敷に行く道々に鍛冶屋さん。
今回は、お店関係もたくさん出ています。



屋敷の居間に通されると、メイドの話を聞くことに。
涙ながらに彼女が語るには、
様子のおかしい令嬢と庭に散歩に行く際に、
突然声が聞こえて眠たくなったと…
「それ明らかに魔法じゃね?」
でもそんな素養は無いとのこと。



庭をしらべて魔法の痕跡を見つけた冒険者たちは、
今度は娘さんの部屋に。
少女ちっくな丸文字で秘密のダイアリーを紐解いてしまったり。
「やべぇ顔文字があるよコレ…」
どうやら、誕生日プレゼントの宝石に何かありそう?



ビンゴ!盗賊の心得あるトミーがベッドの下を調べると、宝箱が…!
中にはなにやらマジックアイテムらしき宝石。
冒険者たちはとりあえず、学院に聞くことにしました。
その帰り道、露店街を見ることに。

露店街では、薬草屋ポーション屋がありました。

 

薬草屋さんはいかにも怪しそうなおじさんが
採れたてフレッシュな薬草を並べています。


ポーション屋のおじさんは、様々なポーション瓶を並べていました。
「おう、お客さんどれにする?いいの入ってるよ」


学院に足を運ぶと、この宝石は「エクスチェンジ・ジュエル」といい、
コマンドワードを発声すると中の魂と会話でき、
同意すれば魂の入れ替えを行えるというマジックアイテムでした。

「じゃあ、テキトーにお前中に入れよ(仲間の肩をポン)」
「おい」



そんなこんなで冒険者の宿で休んでいたら、執事が現れ、
「お嬢様が盗賊に攫われました!」との情報が。
慌てて、盗賊ギルドにトミーとアルフレッド、バッシュが向かいます。



見た目は普通のレストランでしたが…



合言葉を話すと一変。部屋の明かりが消え、物騒な感じに。
顔役「…で、何の用だ?構成員以外のヤツまで連れてきて何やってる」
と仲間に剣を…緊迫しましたが、
トミーの機転により盗賊ギルドから情報を得ることに成功します。



娘を攫った盗賊団は盗賊ギルドも目障りだったようで、
ついでに始末してこいとのお達し。


盗賊団のアジトに向かい、軽く門番をいなした後、いよいよ中へ。



軍式の「親指結んで無力化」を実践の様子(笑)

今回は狭い家屋内での戦闘ですから、通路戦闘も!
(足元の紐が壁です)


隊列を意識した戦い方をしないと、
一気に不利になる面白い戦闘になりました。
今後も通路を意識したゲームはやっていこうと思います。




すったもんだでボスを倒したと思った冒険者たちですが…

「え?パトリシア?誰ですそれ。私はマリンですけどっ☆
Σ(゚Д゚)人違いー!?

なんと、娘さんは別人でした。
どうやら、盗賊ギルドに一杯食わされたようです。
誤情報を渡した執事も慌てて謝罪し、
とりあえず今回は規定報酬を貰い、改めて依頼との運びになりました。



次回はいよいよ、大き目のダンジョンアドベンチャーになります。
いったいどんな状況がPLを待ち受けるのか?
次回7/27(土)第3回ゲームも参加者絶賛募集中!
是非お越し下さい☆
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment